インタビュー

Interview

承継開業インタビュー 病院譲渡インタビュー スペシャルインタビュー

承継開業成功インタビュー

ハッピーライフを承継から
ミラクルをつかんだ青年獣医師

もえぎの動物病院
後藤院長 夫妻

幸せを絵にかいたようなビジネスと家庭の在り方を生きておられる。
もえぎの動物病院の事業承継はまさしく理想的な姿でした。
後藤先生は、若干31歳、大学時代から独立を志す確かな人生設計を持ち、着実に夢を実現化されている方でした。奥様も動物大好き、人間大好き、教育畑を歩んでこられた優しさと夢にあふれる素敵な女性でした。事業承継をされた原先生からも絶大の信任をされるだけあって、芯のしっかりされながらも、人を受け入れその人のあるがままを認め伸ばす資質のある方だと確信しました。2月末日の肌寒い外の気候とは裏腹に、明るく温かい陽光の差し込む病院2階のお部屋において、夫婦おそろいでインタビューをさせていただきました。

 

事業承継されて1年がたったということですが、業績はいかがですか?

前院長である原先生との引き継ぎ期間を定め、飼い主様がある程度、私のことを認知してから、院長交代をお伝えしました。スタッフの方は獣医師1人と動物看護師2人で、原先生の時からそのまま残って勤務してくれています。そのおかげもあり、売り上げは前年比5%程伸びました。立地も良く、素晴らしい業績の病院を承継することができ、通信業界で企業経営をしている兄にミラクルだと言われました。

 

へーぇ!それでは、初年度から黒字ですか。その秘訣は、なんですか?

宣伝広告として、事業承継時から遡って約2年以内に来院された方々に、DMを送らせていただきました。
また、この辺りは横浜有数の所得水準が高い方が多い地域で、顧客層にも恵まれていました。原先生の頃から勤務しているスタッフの方々が、飼い主様としっかり繋がっていましたし、この病院での仕事のやり方を熟知してくれていました。私は、自分のやり方に固執しないで、学ぶべきところは学び、自分の成長につなげながら仕事をしてきました。
また、原先生が家族のように私たち夫婦をかわいがってくださり、病院経営について様々なことを教えてくれました。

 

それは、すばらしいですね。本来、自分の病院だから自分のやり方で通したくなるものだと思うのですが、どこでそんな思いを持つようになられたのですか。

大学時代に演劇部に入り、個性も意見も違う様々な人と一つの舞台を作り上げるということをしていました。演劇部の部長も体験させて頂いた経験から、そのような思いを持つようになったのだと思います。部長という経験を通じて、少しはマネージメントの真似事を学ぶことができたのだと思います。

 

承継による独立のメリットを教えてください。

今の私の正直な気持ちとして、本当に事業承継で独立して良かったと思っています。承継の費用は、売り上げの中から払える最適な金額を西川さんに設定して頂きましたので、経済的には不安はありません。1年目で十分に余裕ができるほどになっています。技術もある立派な獣医師が新規開業をし、なかなか軌道に乗せることができず、追加で融資を受けなければいけない状況になっている等の話を聞いたことがあります。
それに比べると、承継の場合は十分な顧客が既に確保されています。努力をすれば、新規顧客を獲得し、プラスαの業績を上げることも可能です。開業当初から沢山の経験を積むことができ、獣医としてのやりがいも大きいものがあります。 事業承継の場合、自分がやりたい場所で後継者を探している病院がなかなかない、院長・病院との相性が合わないなど、なかなかピンとくる病院と出会えないこともあると思います。しかし、結婚と一緒で、これだと思える病院と出会うことができたら、事業承継での独立は素晴らしいものだと思います。

 

経済的不安はほとんどないのですか?

引き継ぎ前は、売り上げが大幅に下がってしまったらどうしようかと思ったこともありました。20%くらいは下がっても大丈夫だと原先生には言われていましたが、今のところ、スタッフや家族の支えもあり、とても順調です。

 

お見受けしたところとてもご夫婦仲の良さを感じますが、秘訣はありますか?

(後藤院長)仕事終わりが遅くなることもありますが、病院の2階が自宅なので、通勤に10秒もかかりません。朝昼晩の3食を共にできる等、妻と多くの時間を共有し、本当に幸せな時間を過ごせています。

(奥様)私も動物が大好きですから、主人の仕事を誇らしく思います。陰で支える役割をしていくために、昨年まで続けていた教師の仕事をやめました。今は主人を支えることに専念し、それがとても幸せです。優しい主人でよかったと思います。今は仕事を全くしない日がほとんどない状態のため、難しいですが、いつか二人で旅行をしたいと思っています。

 

数あるコンサルの中で西川さんをお選びになったご理由は?

開業セミナーで西川さんのお考えに触れ、感銘しました。
病院経営のみならず、業界全体のことも視野に入れ、熱い思いを持っておられる素晴らしい理想に感銘しました。それに自らも病院経営を長年やってこられ、経営知識の確かさを感じました。そして、企業経営をしている兄にも西川さんのことを聞くと、その経営知識は本物だから、契約しても大丈夫だよと太鼓判をいただいたので、西川さんに決めました。そのおかげで今、素晴らしいスタートを切ることができ、本当に大正解でした。

 

独立を考えている若い獣医師に何かアドバイスはありますか?

お金を十分に用意できるのであれば、新規の開院もいいのでしょう。
しかし、動物病院が数多くある今の時代では、顧客獲得が思うようにできない可能性も高く、経済的リスクが大きすぎます。その点、承継での独立は、少しの勇気さえあれば、自己資金が少なくても開始できます。
そして、院長・経営者の立場になると、技術やマネージメントなどの面においても今まで以上に成長できます。仕事においてある程度の自信がつき、独立しようと心に決めたのであれば、できるだけ早いうちに独立するのはとてもお勧めです。西川さんの業界を知り尽くした経営指導や業界情報、業界ネットワークも頼りになります。
(ただ今、(株)メディカルプラザでは、動物病院専門の会計事務所をご紹介して、資金的に厳しい開業時は顧問料の安い契約をすることができます。)

 

最後に今後の夢をお教えください

モットーは「Live a Happy Life ~幸せな人生を送ろう~」です。一人でも多くの飼い主様、そして大切で小さなご家族様のハッピーライフに最大限貢献できるよう、スタッフ一同、全力を尽くして参ります。独立してまだ一年ほどですが、原先生のようにハッピーリタイヤをして、家族と幸せな時間を沢山過ごせるようになりたいとも思っています。原先生のような理想的な生き方を手本にさせていただき、これからさらに幸せな人生にしていきたいと思っています。


  <編集後記>
ハッピーライフを地でいく後藤先生ご夫妻に私と西川は、大感動でした。承継の願う高齢者の早期ハッピーリタイヤと若い獣医師のハッピー開業の実現どころか、すでに家族の幸せの確かな基盤を作っておられる。それも承継側の先生ご夫妻と新たな家族のつながりも加えて世代と時代を超えたハッピーの連鎖に感動しました。この仕事の目指すことの真骨頂に触れ大満足!大幸せなひと時でした。
(インタビューワー 田路)