メディカルプラザについて

事業承継は新規開業と違って開業後も自分の自由にできないのではないかとの不安があるのですが。
確かに、もともとの患者さんは治療方針が急激に代わると不安になりますので、ある程度の配慮が必要です。
ただし、今までしてこなかった検査や治療方法を新しいオプションとして良く説明して変えていくこときます。
新患については、新規開業とほぼ同じですのでストレスは全くないです。
日本ではまだ第三者事業承継の事例が少ないので、もう少し事例がふえるまで様子を見ようと思っているのですが。
そのように考えておられる獣医師は多いです。
今後は、新規開業リスクが高まることこそあれ、低くなることはないと思います。
承継しての開業事例が増えていくと、承継希望者が増えるので、承継希望者同志の競争が起こり、希望してもなかなか承継出来なくなる可能性があります。また、開業できるのに開業時期を何年も伸ばすことは、30代の大切な開業医としての時間的チャンスを逃すことになります。
新規開業は自分の好きな場所で開業できるので、その魅力は非常に大きいのですが。
新規開業の最大のメリットは好きな場所で開業できることですので、好きな場所で開業することが最優先でしたら、新規開業を選択するのが良いと思います。
ただし、新規開業しても症例が少なく、収入も少なくなるリスクが高くなっていきますので人生の大きな岐路において十分考える必要があります。
新規開業をして失敗している事例は少ないのではないですか。
これまでは、新規開業の失敗事例は他業界に例がないほど少ないです。
団塊の世代以降の獣医師の開業が増え、1990年代に急成長した動物病院業界の歴史で、犬猫の数が減少したことはこれまではありませんでした。
少子化で日本経済がマイナス成長になったように、犬猫の少子化で動物病院業界がマイナス成長になる可能性は高いです。過去の成功体験だけを信じることには危険が伴います。
自分の城を持ちたいとの夢は、事業承継では難しいのではないですか。
開業者の目はどうしても建物や設備、医療器械などのハードに行きがちです。しかし、開業で本当に重要なのは、症例数や症例内容、売上や院長収入などのソフトです。
実は、ソフトが充実していれば、時間の問題でハードはどのようにもすることができます。承継した後に、改装・改築したり、移転新築する事例も珍ししくありません。
事業承継することは他人の匂いが浸みこんでいる服を着るようで何となく気が進まないのですが。
このようなご意見も多いです。
前問にも述べたように、ハードを重視するかソフトを重視するかが大きなポイントになります。
また、長期的な視点を持てるかどうか、10年後の違いをイメージできるかどうかで判断が異なります。
条件の良い病院を事業承継するためにはどのようなことが大切ですか。
新卒の学生は、一般的に、転勤の少ない中小企業よりも転勤の多い大企業を選びます。
理由は、転勤のあるマイナスを上回る待遇ややりがいのメリットがあるからです。
開業希望獣医師の多くは、開業場所にこだわりを持っています。
今までは、新規開業のリスクが少なかったからです。
開業場所に対する許容範囲を広げることにより、選択肢が増えるので、条件の良い病院を承継できる可能性が広がります。もうひとつは、臨床能力と人間力の両方の実力を備えることてす。
これから、大きな病院の後継者難も増えてきますので、実力ある獣医師にとっては今までにない大きなチャンスが生まれる時代になります。
事業承継は少ない資金で開業できるというのは本当ですか。
本当です。
新規開業の場合は3000万円以上の資金が必要ですが、事業承継による開業の場合は、契約金と念のための運転資金を合わせて1000万円以内の資金で開業できることも多いです。
それ以外の譲渡代金は元院長への分割払いにすることができるからです。
新規開業に比べて事業承継のリスクが少ないのはなぜですか。
今までに述べたように、少ない資金で開業ができ、開業当初の売上が大きいからです。
開業後の新患が多いか少ないかは、新規開業も事業承継も同じリスクが伴います。
新規開業時の増患の方法は、広告と建物の視認性がベースです。
事業承継時の増患方法は、来院していない患者さんへのDMと既存患者さんによる口コミです。事業承継時は新規開業時に比べて重い症例が多いので実力が問われる度合いが高いと言えます。
新規開業と事業承継を同時並行して準備することは可能ですか。
新規開業の物件探しと事業承継の検討を同時並行することは全く問題ありません。
ただし、今までの事例から念に思うことがあります。新規開業と事業承継を同時に検討していると、いくつかの事業承継を検討して契約に至らなかったときに、待ち切れずに新規開業されるケースが多いことです。
もう少しで有利な事業承継ができたのにと後になってチャンスを逃されたと思うことがあります。
したがって、新規開業の場合は、来年の春開業などど目標を定めることがよいのですが、事業承継の場合は、1年から2年の期間的余裕を持つことや開業場所の範囲を広げることがチャンスをつかむことにつながります。
新しい開業方法 ハッピーリタイア 各種お問い合わせ 事業承継冊子 獣医師ブログ ココロ